バリアフリーの街|中野区の不動産に住むなら高齢者が安心を得られる沼袋に決定

沼袋は、地下化工事で駅のバリアフリー化が進んでいて、今後誰でも快適に利用できるようになります。また、バリアフリー物件が多く、身体が不自由な方でも安心して暮らせるのです。沼袋全体のバリアフリー化が進んでいるので、高齢者が住みやすい街になっているのです。

沼袋は高齢者が住みやすい街

沼袋は、高齢者が住みやすい街として知られています。ここでは、なぜ高齢者が住みやすいのかを詳しく紹介していきます。

地域住民と交流を深められる沼袋高齢者会館

沼袋高齢者会館では、60歳以上の方を対象に、健康づくりや介護予防などを目的とした事業や活動の支援を行なっています。事業内容は幅広く、碁や将棋などのレクリエーション活動の支援や、鍼やお灸、マッサージなどの三療の有料サービスを月1回提供しています。28年度の定例事業では「若返り体操」「おもてなしの会」「敬老の集い」「演芸大会」などを行ない、健康支援事業として「元気の出る体操」「いきいき体操」などを提供しています。
このような事業を沼袋高齢者会館が実施・サポートすることで、高齢者が健康で充実した生活を送れるようになるのです。利用時間は、月曜日~金曜日の午前9時~午後5時で、土日祝日と年末年始はお休みとなります。

今後は沼袋のバリアフリー化も進むかも

中野区は、平成17年8月に「中野区交通バリアフリー整備構想」を策定して、駅舎のバリアフリー化が進められていました。しかし平成26年度の障害福祉サービス意向調査では、電車やバスでの移動が不便と感じていたり、道路や駅などの利用が不便と感じていたりする方がとても多く、十分なバリアフリー環境が整っているとは言い難いものとなっています。
中野区交通バリアフリー整備構想は、平成26年度で計画期間を終了するので、見直しを行ない、交通バリアフリー法に対応した中野区バリアフリー基本構想に改定されます。
そのため今後どんどんバリアフリー化が進められる予定なので、いずれは沼袋も高齢者が住みやすい街になる可能性が高いでしょう。

安全に渡れる沼袋駅の踏切~地下化工事で変わる駅~

開かずの踏切が多く困っている人が多かったのですが、地下化工事によって、スムーズに移動できるようになります。

開かずの踏切に困っている人が多かった

沼袋には、急行や準急電車が通るので、踏切がずっと開かずに反対側になかなか渡れないということも結構多いのです。急いでいる時に踏切が開かないと困ってしまいますし、足腰を痛めている時は、身体に負担もかかってしまいます。
開かずの踏切に困っている人やイライラしている人はとても多く、早く改善してほしいという声が多く挙がっていました。

地下化工事で沼袋駅が利用しやすくなる

渋滞が解消される

中野通りをはじめとした幹線道路や通学路などの踏切が、合計7ヶ所なくなります。それによって、渋滞が大幅に解消され、交通の円滑化が実現できます。

踏切事故がなくなる

踏切の数が少なくなるので、踏切による事故がなくなります。道路と鉄道の安全性が高まるので、子供からお年寄りまで安心して暮らしやすくなります。

地域が活性化する

今まで鉄道があったことによって、沿線地域は分断されていました。それが解消されて、一体化することによって、地域が活性化し、魅力的な街づくりが進めやすくなります。

快適に駅構内を利用できる

駅構内にエレベーターやエスカレーターを設置して、バリアフリー化することで、駅構内を快適に利用できるようになります。利便性が向上して、不便を感じずに移動できるようになるのです。

沼袋の変化を期待している! 

地下化工事は、多くの効果があることから、住民の多くもその変化を楽しみにしています。

笑顔の女性

踏切の地下化工事が進んだことで、駅周辺は閉まっているお店が多くなっていますが、長い時間踏切を待たなくて良いというのはとても嬉しいです。工事が終了して、これから新しいお店が出来ていくのも楽しみです。

両親の快適な生活のために~バリアフリー対策の新築特集~

両親のために物件を選ぶ時には、不自由な暮らしをさせないためにも、バリアフリー化がされているかどうか確認しておくことが大切です。

高齢者が暮らしやすい造りとは

段差がない

玄関や浴室に段差があると、躓きやすく、身体に負担がかかります。そのためフラットな環境が作られているかどうかはとても重要になります。完全にフラットでなくても、20mm程度の段差なら安心して昇り降りできます。

温度差がない

室内の急激な温度差は、脳卒中などの病気を誘発する可能性が高いので、注意すべきです。脱衣所で心筋梗塞を起こして、倒れる人が多いのも、浴室と脱衣所の温度差が大きいからです。
浴室やトイレ、リビングルームなど部屋ごとの温度差がなるべく少ないほうが、高齢者にとっては暮らしやすいです。

廊下やトイレが広々としている

現在車椅子を使っていない場合でも、将来的に車椅子のお世話になる可能性もあります。そうなると廊下やトイレは、車椅子が通れるほどの余裕があったほうが楽に生活できます。また、部屋もシンプルな間取りだと、車椅子でも移動しやすくなります。

ユニットバスが低床

ユニットバスが、浴衣からの高さ45センチ以下の低床になっていると、安全性が高くなります。さらに、浴室やトイレの掃除も簡単にできるようになります。

沼袋駅の近くにはバリアフリー物件が豊富

沼袋駅付近には、高齢者でも安心して暮らせるバリアフリー物件が豊富にあります。シンプルな間取りになっているので、車椅子でも生活がしやすいですし、床の段差も少なく躓くこともなくなります。
また、トイレには手すりがついているので、足腰が弱い方でも無理なく利用できるようになっています。一坪タイプのバスルームがあるバリアフリー物件もあり、広々とした空間でお風呂に入って、疲れを癒すことが可能です。